• 医療法人慧眞会のサイトマップはこちら
  • 医療法人慧眞会のお問い合わせはこちら
スライド用メインイメージの画像

スタッフ紹介STAFF

診療部医師紹介 薬剤科紹介 看護部紹介 地域支援連携室紹介 作業療法科紹介

診療部医師紹介

善本 正樹(よしもと まさき)

出身大学:秋田大学医学部卒業
主な資格:精神保健指定医、日本臨床精神神経薬理学会認定医、日本精神神経学会専門医・指導医
出身地:兵庫県神戸市
自己紹介:脳科学に興味があり、精神医学を志しました。精神医学は、あらゆる領域に必要な分野であり、やりがいを感じています。患者さんが良くなる姿に立ち会えることは、最もうれしいことです。秋田の出身ではありませんが、秋田の自然が大好きです。特に、食べ物、水、そして、空気が美味しい。時々、診察中に関西弁が出ますが、秋田の良いところを見つけることも私の仕事です。

三島 由美子(みしま ゆみこ)

出身大学:秋田大学医学部卒業
主な資格: 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医
出身地: 秋田県秋田市
自己紹介:子供から高齢の方まで、精神のはたらきとこころの動きに注目して診療をしています。診察室に来られた皆様とのご縁を大切に、笑顔をお土産に持って帰っていただくことを心がけています。趣味のひとつにイラスト作成がありますが、ナショナルジオグラフィック日本版webにイラスト提供しています。眠りにご興味があればご訪問ください。(連載「睡眠の都市伝説を斬る」

吉尾 純(よしお じゅん)

出身大学:秋田大学医学部卒業
主な資格:精神保健指定医、日本精神神経学会専門医
主な所属学会:自閉症スペクトラム学会、日本発達障害学会
出身地: 秋田県由利本荘市
自己紹介:子供の頃は宇宙に関心があり、天文学者を目指した時期がありましたが、精神世界も無限大の広さ、奥深さ、そして神秘性を有する点では、宇宙に通じるものがあると思います。精神科はまだまだ敷居が高いと思いますが、来てよかったと思っていただけるような診療を心がけております。現在、未診断の成人の発達障がいを担当させていただいております。

山口 一考(やまぐち かずとし)

出身大学:秋田大学医学部卒業
出身地: 秋田県横手市
自己紹介:縁あってこの地域で仕事をさせてもらっております。これと絞った専門領域は持ち合わせておりませんが、検査学、アレルギー学、呼吸器科を一通り修行し、現在は精神科医療を学んでいます。座右の銘は「最大多数の最大幸福」、口癖は「お任せします」「思うとおりにやってください」です。自由な発想の中から可能な限りニーズを取り入れ、受け入れられ易いプランを提示することをモットーとしております。自由な意見をお待ちしております。

千葉 孝(ちば たかし)

出身大学:秋田大学医学部卒業
出身地: 秋田県北秋田市(旧 鷹巣町)
自己紹介:内科全般と慢性期医療を担当させていただいています。慢性期医療は、どんな病気よりも多くの皆さんが関わりを持つ可能性のある分野です。患者さんやご家族が、出来るだけ平穏に暮らせること、そして出来るだけ平穏に人生を全うすることが私の願いです。

面川 真由(おもかわ まゆ)

出身大学:秋田大学医学部卒業
主な資格:精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医
出身地: 秋田県秋田市
自己紹介:体調不良や病気になった時に、自分ならどのような医療を受けたいかを考え、患者さんと向き合っています。受診して良かったと思えるような診療を心がけます。

 


薬剤科紹介

荒明 哲也(あらあけ てつや)

出身地:福島県須賀川市
主な資格:日本病院薬剤師会生涯研修履修認定
自己紹介:縁あって秋田に来て早27年になりました。
病院では主に感染対策、緩和医療、TDM解析を担当しています。
最近、臨床の現場に携わる事が多くなり新たな緊張と楽しみを感じています。少しでも患者さんにフィードバックできればと考えております。

黒田 久子(くろだ ひさこ)

出身地:東京都
主な資格:薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、上級健康食品管理士
自己紹介:秋田の自然に魅せられて、アウトドアを満喫するためにやってきました。週末はフィールドに出て、大自然からパワーをもらいリフレッシュしています。

村田 篤信 (むらた あつのぶ)

出身地:青森県八戸市
主な資格:薬学修士、精神科専門薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定
所属学会:日本薬学会、医療薬学会、日本病院薬剤師会、日本神経精神薬理学会
自己紹介:お薬による治療がスムーズに進むよう、患者さんや他職種の方々に接する業務を中心に活動中です。他職種の方とコラボしたり、患者さんと話したりすると元気になる体質です。私を見かけたら気軽にお声がけ頂き、皆さんから元気を頂ければ嬉しいです。好物は、歴史物やサッカー観戦、英会話など色々ありますが(Facebookはこちら)、やっぱり精神薬理学にプライドを感じています。精神科で使用される薬のエキスパートを目指し毎日修行中です。どうぞよろしくお願いいたします。

佐川 正子 (さがわ まさこ)

出身地:秋田県秋田市
自己紹介:薬剤師の方々のお手伝いをさせていただいております。何か気になる事などありましたら気軽にお声掛けしていただきたいと思います。
今までは、興味のなかった山菜や野菜作りなど、周りの方々に影響されて興味を持つようになってきました。今年から少しずつ挑戦したいです。


看護部紹介

看護部の理念

『安全・安心の確保と自立への支援 そしてこころのケア』

私たちは、患者さんの人権を尊重し、安全と安心の確保に努め、常に患者さんとそのご家族の立場に立った思いやりのある質の高い看護を提供します。

看護体制

・看護職員数75名

勤務体制

・二交代制 日勤9:00~17:15 夜勤17:00~9:15

看護方式

・チームナーシング

病棟構成

・1A病棟 内科療養型病床 57床 看護配置基準20対1
・2病棟 精神科療養型病床 60床 (閉鎖型) 看護配置基準15対1
・3病棟 精神科療養型病床 60床 (開放型) 看護配置基準15対1

卒後教育体制

・新入職者教育 プリセプター制度を用いています。
プリセプター・プリセプティをチーム全体で支えます。
・病院主催の院内研修・・・多職種が合同で研修企画、運営を行います。
院内の専門分野の職員が講師です。
・看護部主催の院内研修・・・各部署持ち回りで研修計画立案、運営を行います。
・院外研修・・・日本精神科看護学会、日本看護協会主催の研修会・学会参加を積極的に推奨します。

キャリア支援

・入学金の補助や勤務時間の調整等積極的に検討し支援します。

看護部長からのメッセージ

藤澤広子(認定看護管理者)

~心に寄り添う看護をめざして~
 看護部の理念は『安全・安心の確保と自立への支援 そしてこころのケア』です。
私たちは、患者さんの人権を尊重し、安全と安心の確保に努め、常に患者さんとそのご家族の立場に立った思いやりのある「こころの通った温かい看護」の提供に努めています。
そして、その看護を支える職員がお互いを尊重し、風通しが良い環境で活き活きと笑顔で働き続けられる職場づくりを目指しています。

外来・病棟紹介

【 外来 】
診療科は、内科・精神科・心療内科です。
また、専門外来があります。最近の精神疾患の特徴として、気分障害・神経症圏の障害・ストレス障害・思春期の障害および認知症疾患が増加していることから『もの忘れ専門外来』『睡眠相談外来』『精神発達障害外来』『心理カウンセリング外来』『禁煙外来』『アルコール相談外来』を開設しています。
更に薬のことで悩んでいる方、疑問に思っている方々を対象に『お薬相談外来』『向精神薬の負担を減らす相談外来(減薬外来)』もあります。
地域の患者さんをはじめ、遠方からの患者さんにも安心して外来受診が出来るよう心掛けています。

【 1A病棟(内科療養病棟)】
『地域施設との連携』『在宅医療との連携』を重視し、急性期の治療を終え、状態は安定したが自宅や施設で対応が困難な患者さん、ターミナルケアを必要とする患者さん、また同法人内施設に入所中の患者さんで内科的治療が必要な患者さんたちが入院しています。
治療・看護はもとより、認知症サポート医・認知症看護認定看護師・薬剤師・社会福祉士・栄養士・作業療法士等で構成された認知症ケアチームで関わり、サポートもしています。
高齢で身体合併症があり寝たきりの患者さんが多い中、私たちは患者さんに寄り添ったより良い看護・介護が提供できるよう、スタッフ一同で日々取り組み頑張っています。

【 2病棟(精神科閉鎖病棟)】
看護師を始め、医師・薬剤師・作業療法士・精神保健福祉士等のスタッフが一丸となって患者さんの回復を支援すると共に、退院や社会復帰に向けて積極的にカンファレンスを行い、多職種と連携・情報を共有しています。また、調子を崩されて外来受診し、緊急に入院が必要な患者さんに対応するために日々ベッドコントロールを行い、迅速に対応しています。
急性期にある患者さんは病状が日々変化し、対処の難しい状況への対応を求められることがありますが、チームワークの良さと冷静な判断を持って臨機応変に対応しています。
精神科看護に興味のある方にとっては、とてもやりがいのある病棟です。

【 3病棟(精神科開放病棟)】
退院や社会復帰に向けた支援に力を入れています。多職種が日頃から連携を図り、風通しの良い状況下での働きかけや、患者さんご家族が話し易い雰囲気づくりにも努めています。
また、長期入院患者さんの退院支援と再入院の減少を目的として、退院前訪問指導や内服自己管理指導・支援を行い、アドヒアランスの向上に力を入れています。
最近の特徴として、アルコール関連の新規入院が増えています。患者さん対象の勉強会に加え、「断酒会」や依存症「家族の会」の開催等、新たな取り組みも行っています。
精神科医療の変化に対応できるよう日々精進している病棟です。

 

 


地域支援連携室紹介

浅沼 知一(あさぬま ともかず)

出身地:岩手県盛岡市
主な資格:臨床心理士、精神保健福祉士、介護保険専門員、社会保険労務士 等
自己紹介:療養病棟(医療区分2・3の方)の入退院に関する調整と、心理臨床業務を担当しています。産業メンタルヘルス、スクールカウンセリングにも携わっていました。病院では心理カウンセリング(保険外)も行っておりますので、どのような内容でもご相談下さい。

藤原 真弓(ふじわら まゆみ)

出身地:秋田県大仙市
主な資格:精神保健福祉士、社会福祉士、介護支援専門員 等
自己紹介:主に外来等を担当しております。
医療や福祉その他日常生活に関連して生じる様々な問題からちょっとした困り事等について、一緒に考え支援・援助をさせて頂きたいと思っております。本当にどのような事でもかまいませんので、遠慮なくご相談ください。

藤井 富士子(ふじい ふじこ)

出身地:秋田県大仙市
主な資格:精神保健福祉士、産業カウンセラー
自己紹介:主に精神科病棟(閉鎖)を担当しております。
ご本人の意志を尊重しつつ、ご家族や主治医と連携をとって、居心地の良い退院先環境を整えられるよう支援しております。

佐々木 千春(ささき ちはる)

出身地:秋田県大仙市
主な資格:精神保健福祉士、社会福祉士
自己紹介:主に精神科病棟(開放)を担当しております。
 病棟でお会いする患者さんの笑顔、一つ一つ丁寧に教えて下さるスタッフの皆さんに毎日助けられています。患者さんに寄り添いながら、たくさんの事を学び日々成長できたら思っています。

渡辺 尚(わたなべ ひさし)

出身地:秋田県秋田市
主な資格:精神保健福祉士、社会福祉士、介護支援専門員 等
自己紹介:訪問支援を主とし地域生活を援助しています。
医療機関、行政、福祉サービス事業者との連携を密に地域での支援体制を整えます。病院には不在がちですがレアな相談員として気軽に声をかけてください。

浅利 麻衣(あさり まい)

出身地:秋田県仙北市
主な資格:精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士
自己紹介:精神科病棟を担当しております。
一緒に悩み、一緒に考えながら、出来る限り患者様が望む生活を送ることができるよう努めてまいりたいと思います。


作業療法科紹介

細谷 恵美(ほそや めぐみ)

出身地:岩手県釜石市
主な資格: 作業療法士、介護支援専門員
自己紹介: 学生時代は吹奏楽部に所属し、音楽漬けの日々を送っていました。音楽をきっかけに作業療法を知り、リハビリテーションの道に進みました。リハビリテーションは時間がかかるものです。その大切な時間をより楽しく、活き活きと過ごせるようにお手伝いしたいと思っています。

煙山 栞(けむりやま しおり)

出身地:秋田県美郷町
主な資格:作業療法士
自己紹介:今までは仕事を覚えることや環境に慣れることで必死でしたが、業務内容にも大分慣れてきたので、今までの反省を生かし日々精進して頑張っていきたいと思います。

小野 美咲(おの みさき)

出身地:秋田県由利本荘市
主な資格:作業療法士
自己紹介:以前は介護老人保健施設サングレイスで勤務しておりました。協和病院で勤務させていただくことになり、まだまだ未熟でご迷惑をお掛けしてしまうこともありますが日々精進していけるよう勤めさせていただきます。日々患者さんの笑顔に癒しをいただいているため、私も患者さん個々にとってよりよい作業療法が提供できるよう、経験を積み多くのことを学んでいきたいと思います。

作業療法のご案内

pic_sagyou01