• 医療法人慧眞会のサイトマップはこちら
  • 医療法人慧眞会のお問い合わせはこちら
スライド用メインイメージの画像

慧眞会の沿革HISTORY

昭和59年9月 医療法人惇慧会勝平中央病院(秋田市新屋)から精神科を分離独立
旧仙北郡協和町(現大仙市協和)に協和病院開設
診療科:精神科、内科、リハビリテーション科
病床数:精神科225床 内科37床
理事長:穂積 惇   院長:堀 浩   医局長:穂積 慧
昭和61年6月 協和病院増床 295床(精神科258床 内科37床)
平成元年12月 ドイツの医学賞であるベルツ賞銀賞受賞(秋田大学との共同研究)
(受賞論文テーマ)
痴呆老年者における睡眠・覚醒リズム障害についての時間生物学的研究  -睡眠障害及び異常行動の治療の試み
平成2年3月 医療法人慧眞会 開設
医療法人惇慧会より協和病院・西仙北温泉診療所を分離して
医療法人慧眞会を設立  理事長 穂積 慧 就任
平成4年 7月 協和病院精神科77床を内科に病床転換
病床数295床(精神科181床、内科114床)
平成5年9月 協和病院院長に穂積 慧 就任
平成6年9月 協和病院にスプリンクラー設置(国庫補助事業) 消防法改正による
平成9年7月 介護老人保健施設サングレイス 開設(国庫補助事業)精神科病床転換事業 (協和病院併設)
入所定員100人(うち認知症専門等40人)通所定員20人
平成9年7月 協和病院精神科病床削減 238床(精神科124床 内科114床) 精神科57床を介護老人保健施設に病床転換
平成12年10月 内科病棟増築1A病棟57床・・・介護保険適用病床(介護療養型)
平成12年12月 旧内科病棟全面改修1B病棟57床・・・医療療養病床にサーカディアンシステム6床を設置
平成13年4月 医療法上の病床種別の届出
療養病床114床 精神病床124床 計236床
平成15年2月 協和病院病床削減により看護単位病床数整備
療養病床114床 精神病床120床(4床削減)計234床
平成15年3月 小種診療所 開設(内科)大仙市と診療所貸借契約(無償)
毎週木曜日の午後のみ診療・・・小種地区の患者さんを出張診療
平成16年4月 認知症高齢者グループホーム サンエルフ 開設(協和病院併設)
定員 2ユニット 18人 (旧協和町補助事業)
平成17年3月 市町村合併 仙北郡協和町 ⇒大仙市協和に変更
平成17年9月 ケイメンタルクリニック 開設(大仙市大曲通町) 外来機能強化を図る
診療科目:心療内科、神経科、精神科
平成18年3月~9月 協和病院改修工事 厨房(全面改修)、洗濯室増築、エレベーター増設、病棟喫煙室増築、外来診察室(全面改修)、
外壁塗装(全面)等
平成19年10月 小規模多機能居宅介護事業所 ケイケアセンター 開設(大仙市協和苅谷沢)
登録25人 通い15名 泊り定員7名
平成21年4月 自立支援指定相談支援事業所「あさひ」 開設(協和病院内)
(大仙市委託事業)
平成24年7月 協和病院院長:善本 正樹 就任  理事長:穂積 慧 協和病院院長を辞しサングレイス施設長に就任
平成24年10月 介護付有料老人ホーム サンフェザント 開設(大仙市協和上淀川)
定員57人 国庫補助事業(療養病床施設転換事業助成)
協和病院療養病床削減 病床数177床(内科57床、精神科120床)
平成26年3月 小規模多機能居宅介護事業所ケイケアセンター廃止
精神科のアウトリーチ事業に切り替えを行う
平成26年7月 協和病院診療科目の変更許可
精神科、内科 リハビリテーション科から内科、心療内科、精神科に変更
平成26年9月 協和病院開院30周年
平成28年6月 サンメンタルクリニック 開設(大仙市協和上淀川中嶋 やすらぎの里内)
診療科目:心療内科、精神科
精神科デイケア・ショートケア(大規模)
精神科訪問看護
4月1日 大仙市行政財産使用許可により「やすらぎの里」内の空きスペースを活用

 

地域移行・アウトリーチ事業の取り組み(協和病院)
平成24年10月 精神科退院支援クラブ開始、訪問事業開始
平成25年4月 精神科退院準備クラブ及び退院支援部署を設立
平成25年7月 精神科デイケア・ショートケア開設
平成25年9月 (精神障害者)グループホーム ケイハウス水仙 開設(大仙市協和大袋)
共同生活援助 定員6名
平成26年4月 ケイ総合ケアセンター 開設(大仙市協和苅谷沢)
自立支援指定相談支援事業所「あさひ」を協和病院より移設
(精神障害者)グループホーム ケイハウスなごみ 開設(同所)
共同生活援助 定員7名