• 医療法人慧眞会のサイトマップはこちら
  • 医療法人慧眞会のお問い合わせはこちら
スライド用メインイメージの画像

第6回 慧眞会 合同研修会が行われました

2月16日(土)、協和市民センター「和ピア」にて法人の合同研修会が行われました。当日は雪は降らなかったものの、肌寒いどんよりとした曇り空でしたが、80名の職員が参加し、熱気溢れる研修会となりました。会場では、様々な工夫をこらした研究発表が行われました。

午後からは、株式会社TMO大曲 FMはなび 放送局長 福原尚虎 先生をお招きし、『心から出た言葉だけが心に届く』と題してご講演をいただきました。フロアからは活発な質疑が行われ職員の熱心さが伝わってきました。この研修会を通して、各部署から発信された情報を共有し、関係機関との効率的な連携が構築できればと思います。

 

【発表演題】

■嚥下造影検査の紹介

(協和病院医務部 放射線科)

■就労中の利用者へのデイケアでの関わり

(ケイメンタルクリニック)

■認知症初期集中支援チームについて

(サンメンタルクリニック)

■自宅と同じ様に過ごしたい

(サンエルフ)

■平成30年度改定とサングレイスの現状

(サングレイス)

■介護施設における身体拘束防止に向けての取り組み

(サンフェザント)

■内科療養病棟の現状 ~看取りの患者が増える中で~

(協和病院看護部 1A病棟)

■季節の変わり目の症状の変化はなぜ起こるのか?

(協和病院看護部 2病棟)

■ビフィズス菌、ミルクオリゴ糖摂取による排便改善への取り組み ~2事例の評価~

(協和病院看護部 3病棟)

 

 

【特別講演】

株式会社TMO大曲   FMはなび放送局長

福原 尚虎 先生

演題『心から出た言葉だけが心に届く』

 

 

穂積理事長による開会の挨拶です。

それぞれの発表には、活発な意見や質問が飛びかいました。

 

FMはなび 放送局長 福原尚虎 先生による 特別講演です。職員は吸い込まれるように聞き入りました。

協和病院 善本院長による総括と閉会の挨拶です。