• 医療法人慧眞会のサイトマップはこちら
  • 医療法人慧眞会のお問い合わせはこちら
スライド用メインイメージの画像

第5回 慧眞会 合同研修会が行われました

2月24日(土)、協和市民センター「和ピア」にて法人の合同研修会が行われました。当日は、雪は降らなかったものの、寒さ厳しい曇り空でしたが、法人職員およそ100人が参加し、熱気溢れる研修会となりました。会場では、様々な工夫をこらした研究発表が行われました。また、午後からは特別講演として仙北市 市民福祉部 包括支援センター所長 浅利和磨 先生をお招きし、『医療と介護の連携 今、そしてこれから』と題してご講演をいただきました。その後、フロアからも活発な質疑が行われ職員の熱心さが伝わってきました。この研修会を通して、各部署より発信された情報を共有し、法人内での効率的な連携が構築できればと思います。

【発表演題】

■できる事へのアプローチ

(サンエルフ)

■リハビリテーション栄養 ~サングレイスでの取り組み~

(サングレイス)

■サンフェザントの1年

(サンフェザント)

■気管切開術後患者とのコミュニケーション方法の実践

(協和病院看護部 1A病棟)

■精神科病棟看護のストレス要因 ~ストレスアンケートの結果から~

(協和病院看護部 2病棟)

■服薬アドヒアランスの向上に向けた関わり ~内服自己管理クリニカルパスを通して~

(協和病院看護部 3病棟)

■CR画像診断装置 ~装置の紹介と使用経験報告~

(協和病院医務部 放射線科)

■当クリニックにおける認知症患者の動向について

(ケイメンタルクリニック)

■訪問看護の実際と考察 ~地域生活を支えるということ~

(サンメンタルクリニック)

【特別講演】

『医療と介護の連携 今、そしてこれから』

秋田県地域包括・在宅支援センター協議会 会長

仙北市 市民福祉部 包括支援センター所長

浅利 和磨 先生

 

 

 

 

穂積理事長による開会の挨拶

会場は100人の職員で熱気に包まれました

 

それぞれの発表には、活発な質問、意見が飛びかいました

 

仙北市市民福祉部 包括支援センター所長 浅利和磨 先生による特別講演

 

協和病院 善本院長による総括と閉会の挨拶